Higemushokuカナダ留学日記

Higemushokuカナダ留学日記

1987年生まれ夫婦のカナダ移住計画

留学エージェント選びで大切なこと。

f:id:higemushoku:20180514220035p:plain

前回の記事留学エージェントが絶対に言わないワーホリ留学生の実態では、「留学エージェントは極悪搾取集団」みたいな書き方をしましたが、そんなことありません。基本的に彼らは僕たちの味方です。ただ、エージェント選びを失敗すると、適当な学校や寮に入れられて、必要以上に高い料金を支払うことになります。今回はエージェント選びで大切な事について。僕は短期留学を含め、人生で3回エージェントを使っているのでもうプロみたいなものですね。控えめに言ってもプロフェッショナル。誇大して言うと神の領域。

まずはエージェントの仕組みについて

その前に、前回記事でも書きましたが、大切なのでもう一度言います。留学はビジネスです。エージェントはあなたの英語力が低かろうが、目的が何だろうが、あなたを現地に送り込みます。それが仕事だからです。なのでまずはエージェントどうこうというより前に、ご自身の留学について、最低でも以下の点を自分の中で明確にしておきましょう。あなたの留学を「楽しかった」で終わらせやしないために!!

  • 目標・目的
  • 予算
  • 期間
  • 留学後に就きたい仕事
  • 自分的目標達成可能性

ちなみに僕の場合

  • 永住権取得、専門的スキル(コンピュータープログラマ)の習得、英語ネイティブレベル
  • 1,000万ちょい(夫婦で)
  • 最低5年もしくは永住(場面で)
  • 現地でプログラマー
  • 80%

って感じです。努力家で頑張り屋さんで笑顔が可愛らしい僕は、達成可能性を8割と踏みました。調子乗ってますね。さて、目的が「とりあえず海外行ってみたい。って夢を叶えたい!」って方は、、、そういう場合はエージェントがどうとか悩まずサラッと行っちゃいましょう。予算があるならそうゆうのも全然ありだと思います。僕も、フィリピンとロサンゼルスの語学留学はそんな感じで行きました。行ってみないとわからないことも死ぬほどありますしね。慎重になりすぎてビビって留学を諦めてしまうのももったいないです。ただ覚えておいて欲しいのは、ワーホリもしくは短期の語学留学では、想像しているような「英語ペラペラ」にはなりません。なので、単に経験値が欲しくて行くのであれば問題ありませんが、もしネイティブと普通に会話できるレベルになるのが目標であればやはりしっかりしたプランと渡航前の準備が必要です。

さて、エージェントの仕組みについて

大幅に脱線しましたが、仕組みについてです。これについてはすでにネット上にわかりやすいのがあったのでリンク貼っときます。留学エージェントの選び方とおすすめエージェント6社比較(留学くらべ〜る)。さて、これを読んでもらった上で話を進めます。まず僕が言いたいのは「特定のエージェントをオススメしているサイトやブログは怪しい」ってことです。嘘ついてるとは言いません、怪しいんです。こんなこと書くと、「いや、あんたかて特定のオンライン英会話をオススメしたりボロカス書いたりしてるやん。」って思われるかもしれませんが、全く質が違います。なぜなら留学エージェントなんて基本的に人生で一回しか使わないからです。なので、そもそも経験に基づいて比べることが不可能に近いものを比べて優劣をつけて、オススメしていることになります。その点、僕の英会話の記事は実際に全てのスクールを使ってみての感想・評価です。全然ちがいますね。定評のある鋭い洞察力&神から授かった写輪眼を用いて、独特のユーモア溢れる表現でお届けしてますからね。それはもうダンチ。控えめに言って神の領域。

さて、ここからマジの話。

エージェントによってはブログやってる留学生や現地に住んでいるちょっとした有名ブロガーの日本人と個人的に契約をして、学生を送り込んだ実績によって数万円のコミッション、みたいなのやってるとこあります。「留学エージェント、アフィリエイト」で検索するとそうゆうエージェント出てきます。こういうのがダメだって言ってる訳ではありません。これも一つの広告手段です。ただ留学に関して言えば、自分が実際に使ったこともないよくわからないエージェントをオススメしてお金を儲ける人がいるから気をつけてね、ってことです。こういうエージェントは留学生のサポートなどに使えるはずの予算を、広告費に使っちゃってる場合が多いです。

てな訳で僕が実際に使ったエージェント

まず言っておきます、僕には一銭も入ってきません。ただただ、僕はこのエージェントにお世話になっているので勝手にオススメしています。本当に親身になってお世話をしてくれています。カナダで留学を検討している方はぜひ。エージェント選びの際、メールでは人柄が分かりづらかったので、わざわざ大阪、東京のエージェント事務所に数社出向いて面談をお願いして、実際に話を聞きにいきました。顔が見える状態で話すと見えてくるものがあります。その中で唯一、このエージェントは「現状を全てお伺いした上で、higemushokuさんご夫婦の留学はオススメしません。」と言ってくれました。というのも、その方も社会人留学経験者で、僕と同じように日本での仕事を辞め、夢を見てカナダに留学、カレッジを卒業されて現地で就職。そこまでいっても永住権の取得ができず、泣く泣く帰国されたそうです。なので、留学業界の現状を理解された上で「higeさんは日本でご夫婦ともに良いところでお仕事をされています。その生活を捨ててリスクを取るのは。。。」といったアドバイスをいただきました。その時すでに僕は留学を決心していたので、踏みとどまったりはしませんでした。が、このエージェントに僕たちの留学をサポートしていただきたいと心を決めた瞬間でした。正直、僕たち夫婦は数十万のコミッションの物件のはずです。だって、語学学校(計数十万)&公立カレッジ進学(計数百万)を予定してますからね。そんなことアドバイスして、僕が踏みとどまってしまえば、それゼロですからね。。。まあお金のことはとりあえず置いといて、その他、現地についてからのサポートも親身にしてくださって本当に感謝しています。書きたいことは山ほどありますが、キリがないので、とにかくリンクを貼っておきます。

ウエストコーストインターナショナル

トロントに事務所はありませんが、代わりにバンクーバーからスカイプ&トロント在住の先輩留学生からのサポートなどで応援してくれます。たまに代表のミワさんご自身がバンクーバーから来てくださって、留学生との個別面談までしてくれます。素晴らしい。ちなみに、たぶん有名じゃないです。ミワさんが、「広告費にお金かけるぐらいなら学生のために使う」って言ってたので。しかもそれたぶんマジです。本当、ミワさんのこと尊敬してます。

で、その他のエージェント

真剣に留学を考えている方は複数社資料請求をして、可能な限り僕がやったように実際にエージェント事務所に出向いて面談もしくはスカイプ面談をお願いしてから決めるのがベストかと思います。たまに本当に対応がひどいエージェントあります。そういうところは、スカイプですら面談を嫌がります。仕事が増えますからね。できることなら資料送付とかメールで済ませたいんでしょうね。圧倒的にラクですからね。そんなんで1人につき数万〜数十万のコミッションが入るんでしょうね。ボロい商売です。

さて、以下、僕の妻&現地で出会った友達が実際に使ったエージェントです。実際に僕が使った訳ではないのでご自身で他社も含めていろいろ調べてみてください。ちなみに夫婦で別のエージェントを利用させていただきました。理由は、単純にリスク分散です。

カナダのエージェント

日本人スタッフがきめ細かいサポートをいたします、安心な留学をするなら【カナダジャーナル】

妻が使ったエージェントです。選択肢のひとつとして。

世界各国対象

プチ留学は1週間から。EF。

友達が使ってたエージェントです。英語以外も9ヶ国語ぐらいの留学を世界中でサポートしているみたいです。HPがデフォルトで英語でオシャレ。僕のパソコンの設定かも?ページ下の方で日本語に切り替え可能です。有名っぽいので、サポートはしっかりしてるんじゃないでしょうか、たぶん。まぁ選択肢のひとつとしてPart2。

フィリピン、セブの学校

常夏の楽園セブで格安語学留学。フィリピン政府公式認定 語学学校NILS

ここ、エージェントではありませんが、トロントで出会った友達が行ってた学校です。フィリピンで基礎をやってからカナダに来る人、多いです。全然関係ありませんが、今回の帰省の際にマニラにもついでに行きました。当時の先生と数年ぶりに再会して一緒にご飯に行ったんですけど、僕が通った学校は数年前に閉校したらしいです、、無念。あとフィリピンのことでいうと、マニラはあんまりオススメしないですね。いまも治安悪いですし、交通渋滞が半端じゃないです。そのせいで空気もあんまりキレイじゃないですからね。僕自身はセブに行ったことありませんが、行ったことある友達はみんなオススメしてます。なので、フィリピンで考えている方は、セブが良いかも。オンライン英会話してても、セブの先生のほうがアクセントがキレイな方が多いですしね。

まとめ

僕は、留学をする全ての方に後悔のない納得のいく留学をして欲しいのです。僕が過去に経験したことから、何かお役に立てることがあれば幸いです。まぁいろいろ見てみてください。あと留学行く前にこれも併せて読んでみてください。

こんな記事も書いてます!