Higemushokuカナダ留学日記

Higemushokuカナダ留学日記

1987年生まれ夫婦のカナダ移住計画

カナダ移民用テストCELPIPを受けたので結果報告しようじゃないか民よ。

f:id:higemushoku:20181227120130p:plain

ついに結果がかえってきました

さて、移民用の英語テストCELPIPを受けて8営業日が経ったので結果発表です。公式ホームページで書いたる通りちょうど8営業日で帰ってきました。無駄にきっちりしたはる。全然意味ない。そこきっちり8営業日で結果が帰ってくる意味まったくない。。。Anyways, さぁ、前回も書いた通り死ぬほど失敗したのであんまりスコアを書きたくないんですが、これも世のため人のため。後続の若者たちの参考になるなら僕はなんでもやります。こっぱずかしい気持ちをグッとこらえて僕の貧相な得点を公表しましょう。でも、その前に、まずは僕が今までどんな英語学習をしてきたかを紹介しましょう。

*注意
CELPIPの問題の内容については口外してはならんぞ、という注意喚起がテスト前にあるので実際に受けた内容については触れません。

僕のこれまでのカナダ生活

僕は2年5ヶ月前にトロントに来て、語学学校に約4ヶ月ほど通いました。カレッジ付属の英語学習プログラムです。そして現在はNodoというイケてるヒップスターなイタリアンレストランで2年ほど働いています。はて、ヒップスターて何?って方、いますか?たぶん意外といますね、この感じは。ヒップスターの定義については諸説あるのでこれが一概に正しいとは言い難いのですが、一応意味をのせておきます。

hipster (noun) : a person who follows the latest trends and fashions, especially those regarded as being outside the cultural mainstream.

だそうです。どっちでもいいですね。で、レストランに日本人は0人で、ずっと英語環境で仕事をしています。一時期、何食わぬ顔でスタバでも働いていました。もうひとつおまけに言うと、無職の時に半年ほどバックパッカーしてみたり、フィリピンのマニラの語学学校で2ヶ月、ロサンゼルスの語学学校に1ヶ月ほど通った過去がありますが、こんなもんは遊びだったので英語学習歴としてはノーカウント同然。あと、トロントに来る前にはオンライン英会話を1年ほど毎日欠かさずやってました。これは結構効果あったと思います。いろいろ試しましたがDMM英会話が断然オススメです。なんぜ?なんぜDMMがおすすめなん?って方は過去の記事オンライン英会話でセルビア人講師を強烈にオススメする3つの理由ってやつでも覗いてみてください。もう3年ぐらい前なので今はもっといいオンライン英会話があるかもしれません、なんかオススメがあるよ〜って方は誰にも言わずそっと僕に教えてください。

僕の英語学習

僕はトロントに来てから読み書きの勉強は基本ストップしました。なんぜなら、実用的なリスニングスキルが恐ろしく低いことに気づいたからです。仕事の後にバーとか行くと、みなの会話が全くわからないのが悔しかったのです。ひたすらネットでカナダのテレビ番組やニュース、Netflixでいろんなドキュメンタリーやドラマをみました。Nodoへの通勤の往復徒歩30分も毎日ポッドキャストを聞きながらお空のおテントさんを仰いで通っています。

そんな頑張り屋さんの僕の得点発表

もうずばっと公開しましょう。前回書きましたが、今の僕のステータスだと、この英語テストは全部「9」取らないと厳しい状況です。それではすばっと言います。

ずばっといきますよ。

すばっっっっっっ!!!

僕の得点

Listening 10
Reading 10
Writing 7
Speaking 7


すごいのかすごくないのかわかりずらいですね。とりあえず異常に偏った点数だということがお分かりいただけるでしょう。ミスター極端と呼んでください。昔から好き嫌いや出来ること出来ないことがはっきりしていました僕は。。さ、では日本でもお馴染みのIELTSとの比較を以下の換算表で見てみましょう。


Canadian English Language Proficiency Index Program(CELPIP) – General Test score equivalency chart
CLB Level Reading Writing Listening Speaking
10 10 10 10 10
9 9 9 9 9
8 8 8 8 8
7 7 7 7 7
6 6 6 6 6
5 5 5 5 5
4 4 4 4 4

International English Language Testing System (IELTS) – General Training – Test score equivalency chart
CLB Level Reading Writing Listening Speaking
10 8.0 7.5 8.5 7.5
9 7.0 7.0 8.0 7.0
8 6.5 6.5 7.5 6.5
7 6.0 6.0 6.0 6.0
6 5.0 5.5 5.5 5.5
5 4.0 5.0 5.0 5.0
4 3.5 4.0 4.5 4.0


余計わかりにくいねん。って心の声がまたまたカナダまで聞こえてきたので、お待ちかねIELTSバージョンの得点がこちら

Listening 8.5
Reading 8.0
Writing 6.0
Speaking 6.0


「6」て。。。こんな頑張ってきて「6」て。うそやん。ちなみにスピーキングは自分でも自覚あるぐらい完全に失敗したので、まぁ次回頑張るか、って思えるんですけど問題はライティング。僕の中でライティングが一番自信あったんです実は。だもんで結果みたとき、飲んでたコーヒーを「ぶはーー!!!」ってなりました。ぶはー!!って。たぶん問題を読み間違えてズレた回答したんだと思います。つらたん。でも答案は帰ってこないので、考えても原因はわかりません。単純に僕のライティング能力がそこまでなのかもしれません。悩んでも仕方ないので、とりあえずこのCELPIPのスコアをもとに、カナダ移民局HPで僕の移民スコアを出してみました。「おいちょっとまて、なんやその移民局HPて。」って方はカナダ移民について、トロント生活2年で得た全情報を共有しようじゃないか民よ。ってやつを読んでみてください。移民のプロセスも含めいろいろちゃっかり説明しています。さて、今度こそ僕のスコア。すばっといきましょう。

僕の現在の移民スコア

ずばっっっっっ!!!

429点。

すごいのかすごくないのか分かりにくいですね!だもんでここ2年ぐらいの移民成功者の最低ラインの推移から最低点と最高点を紹介します。またまた何言ってるのか分かりにくいと思いますが次で解説します。

最低ラインの最低と最高

最低 413点。
最高 468点。

カナダ政府は1ヶ月に2回程度、移民志願者の中から点数の高い順に移民許可を出していっています。なので、その時々によって許可人数と最低得点が上下します。で、過去2年ぐらいの間でその最低ラインの最低が413点。なので、僕もめちゃくちゃ運が良ければこの状態でも許可が出る可能性は無いとも言えません。ただ、最近は440〜460ぐらいで推移しているのでちょっと厳しいです。また近々CELPIP受け直すことになると思います。300ドルもするんですよね、、、

まとめ

さて、今回は僕自身の得点発表会でした。ちなみに最近好きな漫才師は金属バットです。おらおらっっっいした!!!

こんな記事も書いてます!