Higemushokuカナダ留学日記

Higemushokuカナダ留学日記

1987年生まれ夫婦のカナダ移住計画

メイプルシロップ以外でカナダのお土産で喜ばれるものベスト3

f:id:higemushoku:20180530141013j:plain

ワーホリの最終試練、お土産

こんにちわ、トロントのHigemushokuです。僕はワーホリではなく妻の配偶者ビザでカナダで働いているのでお土産探しは最終試練ではなかったのですが、ワーホリの留学生にとってお土産選びは留学最後の試練だと思います。センスが試されますからね、センスが。「あたいはね、カナダに留学してたんだ。」と偉そうな顔して胸を張って日本に帰ってお土産にメイプルシロップなんて渡した日には「カナダ行ったやつ全員メイプルシロップ買ってくるやん。おもんな。」って思われること間違い無しです。そんなあなたに朗報。これはもう吉報と言ったほうがいいかもしれません。朗報と吉報の違いは知りませんが、僕が前回の帰国時に実際に日本の家族や友人や腐れ縁の男達に渡して異次元に喜ばれたお土産をご紹介したいと思います。もうこれ以上、僕の大好きなカナダ(トロント)をメイプルシロップだけの男だなんて言わせない。ワーホリ以外でも、旅行でカナダにこられた方にも参考になると思います。それでは、今回も偉そうに上から目線でベスト3、いってみましょう。

第1位、「Canned Critters Stuffed Animal」

これ、僕の中でぶっちぎりダントツ一位の最高のお土産です。7歳の甥っ子から87歳の祖母まで、文字どうり老若男女が涙して喜んだこのお土産。ちょっと解説すると、ぬいぐるみ(カナダの有名な動物達)が缶詰にされているという斬新なスタイル。見たままですね!しろくまさんとか、ビーバーさんとか、いろいろありますが、一番のオススメは意外にもムースさんです。缶のデザインもすごく良くて、全編英語でお送りされているので缶自体もお土産になるという優れもの。缶から少しだけぬいぐるみの頭を出すスタイルで飾るとそれはもうとんでもない可愛いです。すこしお値段は張りますが、これは買わない手はないです。トロント在住の方は、「Royal Canadian Gifts」ってゆうチャイナタウンの胡散臭い店で実物みれます!以下、お店の情報です。ちなみにこのお店のHPの写真のほうが、上に貼ってるアマゾンの写真より100倍良いです。

Royal Canadian Gifts
Address: 229 Spadina Ave, Toronto, ON M5T 2E2

第2位、ホッケーのミニスティック

適当に見つかったリンクを貼りましたが、ちっさいホッケースティックならなんでもいいです。ですが、ホッケーのミニスティックをそのままお土産として渡しても「は?いや、ホッケーせぇへんし・・・」ってなるので、スティックを購入したらバイト先や現地でできた友達にスティック自体にサインを求めましょう。ほんでもってついでに記念に写真とか一緒に撮ってもらいましょう。サインが増えていくにつれて、だんだんとスティックに愛着が湧いてきます。ここまできたらお分かりですね、そうこれはあなた自身へのお土産。帰国したら部屋に飾っときましょう。ほんでもって数年後に思い返すのです、そういえばHigemushokuってゆう変なやつのブログにそそのかされてこのお土産選んだなぁ、、、って。ちなみに僕は甥っ子にあげました。「トロントのスーパースター達にサインもらってきたよ〜」って真顔で大ウソつきながら。

第3位、アイスワイン

なんか僕お酒飲まないので全然わかりませんが、妻がやたらこれを買って帰って友達に渡してて、結構喜ばれてました。日本でもやんわり流行ってるらしいです。最初聞いた時、「凍らせたワイン?」と思ったんですが、どうやらそうではなく、凍ったブドウを使ったワインらしいです。越冬みかんとかと同じ原理らしいんですが、冬を越すことによって糖度がぐっと増すようです。デザートワインって言われてるらしいです。で、実際に飲んでみたんですけど、甘いけどスッキリしてて、僕みたいな弱小ヒゲ男でもおいしゅういただきました。これも少しお値段しますが、センスが光りますので是非。ちなみに、カナダはアマゾンでもお酒扱えないっぽいので、LCBOのリンク貼っときます。
LCBO

まとめ

僕はあまのじゃく男なので、普通のお土産があまり好きではないのです。普通のお土産渡すぐらいならなんもあげない派です。ですが、この3つは自身持ってオススメします。

こんな記事も書いてます!